子どもを抱っこする。

 

私にとっては初めての育児だったため、とにかく泣いたら抱っこ、泣いたらおんぶというように、腰に負担のかかることばかりしていました。抱っこせずに居るととにかく泣いてしまう子だったし、外出時には泣いた時の周りの目が気になりすぐにおんぶしたりして居ました。私だけでなく主人の抱っこ、おんぶで泣き止むのであれば代わって貰えたのですが、そうゆうわけにもいかず…とにかく私がやらなくては泣き止まない子どもだったので、大変苦労しました。あと、出産直後から現在までの住まいかエレベーター無しの4階にあるため、買い物するのは特に大変で、だいぶ体重が重くなってからのおんぶプラス両手に買い物袋で4階まで?なんてことがよくあった為、それもまた腰を痛める原因となっていました。(自力で歩けるようになってからも、とにかく少しでも疲れると抱っこ!おんぶ!の子どもだったので、4階までの荷物運びの修行はだいぶ大きくなるまで続きました)

 

マッサージや湿布など。

 

 

子どもを産んで早5年となりますが、出産直後から悩まされていた腰痛は最近だいぶ良くなってきたような気がします。とにかく抱っこ!おんぶの子だった為になかなか腰休める暇がないというか、安静にしていることが出来なかったのですがインターネットを使い腰痛の原因やら改善方法をいろいろと試してみたり、ゆっくり1人で湯船に浸かれる時などは長時間お風呂にはいり、腰をあたためてみたりしました。その際には腰痛に効くという効能が記載されている入浴剤を使ったりしていました。あと、腰に温湿布を貼ってみたり、腰の周りの筋肉が弱いせいで痛いのかもしれない、と思い、空いた時間を使っては簡単なトレーニングなども行ってみたりもしました。慢性的に痛かったため、育児以外にも料理中に台所にたっていたり、床の雑巾掛けをする時、また風呂掃除の時なども痛くて大変でしたが、色々な方法をためしたおかげで現在ではだいぶ良くなりました。子どもが大きくなり、抱っこおんぶをしなくてもよくなったせいもあると思います。